×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








「 涙 」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もう嫌。
 
 
どうして?
 
 
どうして、こんなことになったの。
 
 
もう耐えられないよ。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
静かな、薄暗い部屋の中。
 
唯一の光であるコンピュータのディスプレイに照らされるのは、夏日の顔。
 
 
其の頬を、とめどなく涙が流れていく。
 
 
分厚い遮光カーテンがひかれた大きな窓の外では、誰かが楽しそうに走っていく音。
 
鉄製の玄関のドアの前では、時折古びたトラックのエンジン音。
 
 
そんなものを聴きながら、夏日は拳を握り締めた。
 
 
 
 
 
 
 
 
耳をふさいでしまいたかった。
 
 
目を閉じて。
 
 
もう何も、知りたくはなかった。
 
 
目の前のディスプレイに拳を叩きつけそうになって、でも思い切ることが出来なくて。
 
 
握り締めただけですぐにその拳を解いた。
 
 
 
 
 
ねぇ一行。
 
 
何処へ行ってしまったの?
 
 
ねぇ一行。
 
 
ねぇどうして。
 
 
 
 
 
どうして、自分がヘッドなのか。
 
 
 
もう全て、投げ出してしまいたい。
 
 
 
 
 
ねぇ一行、もう、あたし無理だよ。











 
NEXT